2019年1月16日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成31年1月度の授業

平成31年1月13日(日)に1月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、「漢字大国」と呼ばれる台湾の漢字について学びました。中国の漢字は、簡略化された「簡体字」(かんたいじ)で、日本人が見慣れた漢字と異なりますが、台湾では「繁体字」(はんたいじ)と呼ぶ、日本の漢字とほぼ同じ文字を使っています。略字はなく、たとえば「学校」の「学」は、台湾では「學」です。
 授業では、栗田先生が台湾一周旅行で撮影された写真を用いて、台湾の漢字を解説して頂きました。「車站」(しゃたん)は「鉄道の駅」、「旅游服務中心」(りょゆうふくむちゅうしん)は「観光案内所」です。「中心」は文字通り「センター」の意味です。「月台」(げつだい)は「駅のホーム」で、日本語では「歩廊」になります。「行李」(こうり)は、昔の日本では衣類などを入れて保存する、柳の枝や竹などで編んだ箱のことですが、もともとは「旅の荷物」や「手荷物」という意味です。「小心」(しょうしん)は「気をつけましょう」、「當心」(とうしん)は「危険、注意!」という意味で「小心」の場合よりも、もっと重大な場合に使われます。
 台湾は日清戦争後の50年間、日本の植民地であったことや、台湾には富士山よりも高い、標高3952mの玉山(ぎょくざん)という山があり、植民地時代に明治天皇がこの山を新高山(にいたかやま)と名付けたことなど、歴史についても教えて頂きました。

【第二時限】吉川伸治先生(神奈川県内広域水道企業長、前神奈川県副知事)

 吉川先生は、神奈川県、横浜市、川崎市、横須賀市で設立した特別地方公共団体、県内広域水道企業団で企業長を務められています。授業では、水道の歴史、世界の中の日本、日本の中の神奈川の水道、水道の課題について教えて頂きました。
 世界で初めて建設された水道は、今から2300年前、水不足を解消するために作られた古代ローマの水道橋です。水道はコンクリート製で水質まで管理されていたそうです。日本の水道の発祥は500年程前、小田原城下の「小田原早川上水」です。徳川家康は、小田原用水をお手本にして江戸に水道を引きました。近代水道は明治20年の横浜に始まり、函館、長崎と港湾都市から整備されていきました。水道水を安全に飲める国は世界に15ケ国あり、日本はその中の1つです。日本の水道水は70以上の水質基準項目で厳しく管理され、世界最高の安全水準にあります。
 神奈川県には4つのダムと、相模川と酒匂川の2つの河川があり、平成13年に宮ケ瀬ダムが稼働して以来、取水制限なく安定取水が実現できています。また、神奈川の水はよごれやにごりが少なく、東京都の「高度浄水法」とは異なる「ろ過法」によって作られています。水道の課題は、地震や大雨等の自然災害から水道施設を守ること、人口減少・給水量低下に伴う収入減と水道料金問題、水道事業に携わる技術者の確保などです。企業団では、酒匂川と相模川をつなぎ、どちらでも水を流せるようにする防災対策を進められています。最後に、水循環の仕組みと水源環境保全、山や森林の整備の大切さについて教えて頂きました。


 次回、2月度の授業は、2月10日(日)を予定しています。第一時限は栗田先生、第二時限は萩原一夫先生(認定NPO経営支援NPOクラブ理事・元物産キャピタル社長 ドイツ三井物産経理・財務担当)をお招きします。萩原先生の講義タイトルは、「ドイツの戦後リーダーとドイツ現代史」です。

2018年12月19日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年12月度の授業

平成30年12月16日(日)に12月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、はじめに『論語』の文章で「故きを温(たず)ねて新しきを知る 以て師と為るべし」を学びました。意味は、「昔のものごとをよく調べ、研究して、そこから現代に応用できる新しい知識や考え方を見つけ出す。そうした姿勢が大切で、そういう姿勢でなければほかの人を教える先生にはなれない。」です。「論語読みの論語知らず」は、立派な本を読んでも、頭で分かったつもりになっているだけで、それを実行できない人のことを言います。栗田先生は、本を読んで、自分で考えることの大切さを説かれています。
 授業後半では、ことわざや言葉を5つ学びました。「木を見て森を見ず」は、中国の古典にある言葉のようですが、実は英語のことわざがモトになっています。細かい点だけに注意して、大きく全体をつかまない、という意味です。中国には「鹿を逐う(おう)者は山を見ず」という言葉があり、利益を得ようと熱中する人は、ほかのことが目に入らない、という意味です。「一石二鳥」は、明治時代に作られた四字熟語で、欧米のことわざがモトになっています。中国にも同じような意味の言葉で、日本でも、よく使われている「一挙両得」があります。また、一石二鳥や一挙両得とは反対の意味で「二兎を逐う者は一兎も得ず」がありますが、これはローマ時代のことわざがモトになっています。このように、ことわざや言葉の出所についても教えて頂きました。

【第二時限】岡本彰夫先生(奈良県立大学客員教授、元春日大社権宮司)

 岡本先生は、かつて春日大社権宮司を務められ、現在は奈良県立大学客員教授、東京で人材育成の塾長としてご活躍中です。授業では、今から200年程前の江戸時代に、多摩地方で本当に起きた不思議な事件について解説して頂きました。多摩郡窪村にいた藤蔵という男の子が、文化7年、6歳の時に疱瘡で亡くなります。それから5年後の文化12年、多摩郡中野村に勝五郎という男の子が生まれます。勝五郎は、8歳の時、自分の前世は窪村の藤蔵だと姉のふさに話します。また、自分が生まれる前に家の中の様子を見ていて、母が働きに出る話を知っているなど、勝五郎の生まれ変わりの話は評判になり、中野村の領主だった多門傳八郎は勝五郎を呼んで話を聞きます。その話が平田篤胤の『勝五郎再生記聞』という書物に記されています。
 また、兵庫県の豊岡に、一度亡くなったお夏という女性が息を吹き返す『お夏蘇生物語』というお話があります。お夏は、母親が翌年、自分は4年後に亡くなることを言い当てます。お夏は、生まれ変わる前に極楽浄土を見てきたと言います。
 このように、世の中は目に見えることがすべてではなく、神様やご先祖様は人が見ていないところを見ておられるということです。人の命ほど大切なものはなく、自殺は絶対にしてはならない。「上へ上へと伸びるより、奥へ奥へと歩みなさい」とは、地位など上には限度があるが、奥には際限がなく、深みのある人になって豊かな人生を歩んでください、という教えです。


 次回、平成31年1月度の授業は、1月13日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は吉川伸治先生(神奈川県内広域水道企業団企業庁・元神奈川県副知事)をお招きします。吉川先生の講義タイトルは、「飲水思源ー神奈川の水道を考えるー」です。

2018年11月28日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年11月度の授業

平成30年11月11日(日)に11月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、栗田先生がこれまでの授業でも何度か紹介された「歴史上のある時期に違う国では何があったか」という見方について教えて頂きました。
 明治新政府が成立したのは1868年です。その1年前、スウェーデンの化学者ノーベルがダイナマイトを発明しました。アメリカでは1861年~1865年の4年間にわたって南北戦争があり、勝利を収めた北部の側を指導した第16代大統領リンカーンが戦争直後に暗殺されています。明治新政府をつくった西郷隆盛や大久保利通、坂本龍馬は、ノーベルやリンカーンと同じ時代に生きていたということです。
 スウィフトというアイルランド生まれの人が書いた『ガリバー旅行記』には、ガリバーが冒険の途中、1709年5月に船で日本に立ち寄り、エドで皇帝に拝謁したとあります。もちろん架空のお話ですが、その年の5月、6代将軍家宣が将軍の座に就いています。ガリバーが会った皇帝は家宣ということになります。
 フランスのSF作家ジュール・ヴエルヌが書いた物語『80日間世界一周』には、青年フォグが世界一周の途中1872年に横浜に立ち寄ったとあります。新橋と横浜を結ぶ鉄道(陸蒸気)が開通して間もない頃です。物語の上でも、歴史年表を広げると面白い知識に出会えることが分かります。

【第二時限】鬼頭宏先生(静岡県立大学学長)

 鬼頭先生は、静岡県立大学学長を務められ、歴史人口学を研究されています。授業では、日本の人口問題、人口から読む日本の歴史について教えて頂きました。
 現在の日本では、建設や介護など多くの業種での人手不足を背景に、外国人労働者の受入が国会の争点になっています。日本の総人口は2010年をピークに減少し、最新の人口推計では2100年に6千万人になると予想されています。問題となるのは人口構成の偏りです。15~64歳の生産年齢人口の減少と65歳以上の高齢者の増加は2050年頃まで続き、自治体消滅の可能性などが懸念されています。
 人口転換、すなわち出生率と死亡率の低下によってもたらされる少子高齢化社会の課題は「新しい文明システムへの転換」であると先生は仰っています。人口減少は、現代の日本人にとって経験のないことですが、日本の歴史上、初めてのことではありません。過去の人口推移を見ると、縄文社会(縄文時代)、稲作農耕社会(弥生~鎌倉)、経済社会化した農業社会(室町~幕末)には、何れも後半期に人口が減退しており、文明システムの転換が図られています。明治以降の産業社会も、平成になり人口衰退期に入っており、新しい文明システムの構築が求められているのです。


 次回、12月度の授業は、12月16日(日)(第3日曜日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は岡本彰夫先生(奈良県立大学客員教授、元春日大社権宮司)をお招きします。岡本先生の講義タイトルは、「生まれ変わって来た子の話-勝五郎再生紀聞・お夏組成物語-」です。

2018年10月17日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年10月度の授業

平成30年10月14日(日)に10月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は中国の古典から3つのことばを学びました。一つ目は「虎の威を借る」です。権力のある人、社会的な地位の高い人などの権威を借りて、大きな態度をとる、という意味です。虎に捕まえられたキツネが言葉巧みに虎を説き伏せ、自分のあとをついてくるように言います。虎がキツネの後を歩くと獣たちは恐れて逃げた、という話が中国の古典『戦国策』に出てきます。ギリシャの『イソップものがたり』にも、ライオンの毛皮を着たロバを恐れて人間や獣たちが逃げた、というとてもよく似た話があります。「虎の威を借る」の例として、1906年にドイツで実際に起きた事件のことを教えて頂きました。当時、権威があった陸軍の大尉の制服を着た犯人が、14人の兵隊を集めてベルリン郊外の小さな都市の市役所を占拠し、市の金庫のお金を全て一人で持ち去ってしまったのです。兵隊たちも市長もみんな、大尉の制服にだまされたのでした。
 二つ目のことば「十読は一写に如かず」は、繰り返し十回、本を読むよりも、その内容を書き写すほうが内容が頭に入る、という意味です。三つ目のことばは「一歩は一歩より高し」です。一歩一歩坂をのぼる。前の一歩より、そのあとの一歩のほうが高いところにのぼっている。努力を重ねれば、それだけ進歩する、という意味です。

【第二時限】石川寿一先生(南足柄寺子屋塾代表)

 石川先生は、南足柄寺子屋塾代表を務められ、また経営コンサルタント、写真家、話し方講座講師として多方面で活躍されています。講義では、49年間で巡った世界107地区の”旅”を通じて、経験されたこと、学ばれたことを教えて頂きました。
 27才のときにエディンバラを訪問され、日本が東の端でヨーロッパが真ん中にある世界地図を見て、初めて”極東”の意味を理解できたそうです。また、アイスランドのお土産、小さな地球儀には日本がよく分からず、日本の上にKOREAと印刷されていました。日本は世界第3位の経済大国ですが、ヨーロッパから見た日本は極東の一つの国に過ぎず、私たちの見方と違うということです。
 ”旅”を通じて、自分の目で見ること、現場に身を置くことの大切さを知り、日本の素晴らしさを再発見したり、五感が養われたり、3つの楽しみ(行く前、行った先、行った後で違った楽しみ)があったり、と多くの良さがあることを教えて頂きました。また、イスラム教のラマダン、エジプトの相乗りタクシー、イタリアにある骸骨寺、ケニアのマサイ族など、実際に体験されたエピソードを交え、文化や習慣の違いを紹介して頂きました。これから人生百年時代、まだまだ旅を続けていかれるそうです。


 次回、11月度の授業は、11月11日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は鬼頭宏先生(静岡県立大学学長)をお招きします。鬼頭先生の講義タイトルは、「日本の人口問題を考える-人口から読む日本の歴史-」です。

2018年10月2日火曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年9月度の授業

平成30年9月9日(日)に9月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は『千字文』について勉強しました。「千字文」とは、子どもたちが字を習うときの教科書です。6世紀の中国・梁の皇帝の命令で、周という先生が選んだ1000の漢字から成り、4字ずつの組み合わせが延々と続く長い詩です。1000の漢字はすべて違った文字で一字も重複していません。
 『千字文』は、朝鮮半島や日本でも漢字の勉強や習字のお手本として使われました。日本には、いつ入ってきたのか、はっきりしていませんが、8世紀に始まる奈良時代にはすでに伝えられていたようです。日本の常用漢字2136字のうち767字が『千字文』に出てきます。
 授業では『千字文』の中から、二つのことばを学びました。「天地玄黄 宇宙洪荒」は「天の色は黒く、地の色は黄色い。空間や時間は広大で、茫漠としている。」という意味で、『千字文』はこの8字から始まります。「宇宙」という言葉がこんな昔からあったということを学びました。もう一つのことば「知過必改 得能莫忘」は「過ちに気づいたら必ず改め、大切なことを学んだら忘れるな。」という意味の教えです。

【第二時限】田嶋享先生(ヤオマサ名誉会長)

 ヤオマサ名誉会長の田嶋先生は、「報徳 九転十起人生塾」の塾長を務められ、地元小田原で「現代版の報徳思想で地域起こしを行う」活動を推進されています。
 これからは「競争」ではなく「共創」の時代であり、小田原の2つの問題を取り上げて、それらに対する取り組みについて紹介して頂きました。一つは、生活保護受給者が増加していることです。ところが受給者の5%は就労できる人々であり、その人たちに働く場を提供することを考えられています。もう一つは、酒匂川の河床がこの20年の間で約2m上昇し、大雨による氾濫のリスクが高まっていることです。地域の人々、企業と協力し河床をきれいにする活動を推進されるそうです。小さなことから始め、実践することの大切さを説かれています。
 報徳の教え「”ありがとう”の反対は”あたりまえ”」「自分がやらねば誰がやる」「譲って損なく奪って益なし」ということばを教えて頂きました。


 次回、10月度の授業は、10月14日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は石川寿一先生(経営コンサルタント・富士フイルムOB・南足柄寺子屋塾代表)をお招きします。石川先生の講義タイトルは、「49年間で巡った世界106か所訪問の旅」です。

2018年8月21日火曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年8月度の授業 野外活動

 平成30年8月19日(日)、野外活動として「戦後の日本を導いた政治家の生き方を学ぶ」ために大磯町を訪れました。NPO法人大磯ガイド協会の3名の方にガイドして頂き、7~8名のグループ(3グループ、計23名)で大磯のまちを歩きながら、政治家、陸奥宗光、伊藤博文、山縣有朋、西園寺公望、吉田茂について解説して頂きました。また、大磯の歴史とともに、この地にゆかりのある人物、澤田美喜(社会事業家)、松本順(医師)、樋口季一郎(軍人)、西行(僧侶)、島崎藤村(小説家)、ジョサイヤ・コンドル(建築家)について学ぶ機会を得ました。
 大磯まち歩きは、大磯駅→妙大寺→旧島崎藤村邸→澤田美喜記念館→鴫立庵(しぎたつあん)→東海道松並木→城山公園→旧三井別荘→大磯郷土資料館→旧吉田茂邸のルートで巡りました。


 次回、9月度の授業は、9月9日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は田嶋享先生(ヤオマサ名誉会長)をお招きします。田嶋先生の講義タイトルは「現代版の報徳思想で地域起こしを行う」です。

2018年7月16日月曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年8月度の予定

 8月度は野外活動「日本を導いた8人の政治家が暮らした街、大磯にふれる」です。
 ※本應寺での授業はありませんので、ご注意ください。

 日本で最初に海水浴場が開かれた大磯は、明治の頃から沢山の政治家、小説家、詩人等の別荘がありました。地元のガイドさんの解説を聞きながら街なかを散歩してみましょう。
1 集合日時 平成30年8月19日(日)9時30分
2 集合場所 大磯駅前
3 散策コース・スケジュール
 9:30 大磯駅前(避暑地、大磯の概略説明)
 9:45 徒歩約10分、妙大寺(松本順と大磯)
10:00 徒歩約10分、エリザベスサンダースホームへ
      澤田美喜さんの業績に触れる
      (エリザベスサンダースホーム、聖ステパノ学院他)
      澤田美喜記念館訪問
11:00 徒歩約45分、途中、旧島崎藤村邸、鴫立沢、旧東海道松並木
      明治の元勲の別荘跡、松並木を経て城山公園(旧三井別邸)へ
12:30 昼食会場 城山公園(旧三井別邸)、大磯町郷土資料館
13:30 徒歩約10分、旧吉田茂邸へ
14:30 旧吉田邸訪問後、現地にて自由解散
      (徒歩約40分の海岸添いのコース、又は路線バス約5分で大磯駅へ)
4 注意事項
 1)昼食・飲料は各自ご持参ください。
 2)訪問先で必要な入場料等は寺子屋スクールで負担します。
 3)雨天の場合は中止(小雨決行)します。
 4)持ち物は筆記用具とメモ帳等で特別な物は必要ありません。

 参加をご希望の方は、7月末日までに生徒およびご父兄の氏名を、本應寺FAX:0465-27-1050、又は事務局TEL:070-3525-1058までご連絡ください。