2019年4月17日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成31年4月度の授業

 第十期がスタートしました。平成31年4月14日(日)に第1回目の4月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、授業のはじめに、日本最古の歌集で新元号「令和」の典拠である『万葉集』について解説して頂きました。『万葉集』には、舒明天皇の時代から淳仁天皇の時代まで約130年の間の長歌、短歌、旋頭歌(せどうか)など合わせて約4500首と漢文で書かれた詩、手紙などが収められています。旋頭歌とは、五七七・五七七の六句を定型とする歌です。『万葉集』は飛鳥時代、奈良時代のもので、すべて漢字で書かれています。ひらがな、カタカナは、その後の平安時代になって漢字をもとに作られました。
 授業後半では、『論語』の中から「巧言令色(こうげんれいしょく)、鮮(すくな)し仁」ということばを学びました。意味は「お世辞たらたら、顔はニコニコには気をつけなさい。愛想のよいのはうわべだけ、本当はそんな気持ちはないのだよ。」です。「巧言」は、本当はそう思っていないのに口先だけで上手に言うことです。「令」は「善い」という意味で「色」は顔色です。「令色」は相手に気に入られようとして顔色を作ることです。「仁」はおもいやりやいつくしみ、「鮮し」は「少なし」と同じ意味です。単に「巧言令色」という場合も「鮮し仁」の意味を含んでいます。

【第二時限】鈴木款先生(フジテレビ解説委員)

 鈴木先生は、フジテレビの「報道2001」のディレクター、NY支局長、経済部長を経て、現在、解説委員として活躍されています。フジテレビに入社されたのは、1991年の湾岸戦争で戦地バグダッドに残って取材を続けたアメリカ人記者、バーナード・ショーに感銘を受けたことがきっかけだそうです。
 授業では「ネット時代のテレビの役割」と題し、ネットがもたらした情報収集スタイルやメディア世界の変化、ニュースとは何か、誤報とフェイクニュース、記者とディレクターの違い、私たちがメディアと接していく上で大切なことについて解説して頂きました。
 近年、十代の若者を中心にネットの利用時間が増加する一方で、テレビの視聴時間や新聞の閲読時間は減少傾向にあります。また、SNSによって誰もが情報の送り手になることができる時代へと変化する中、人々が信頼できる情報を得るのに利用するメディアは、テレビが54%と最も多く、続いてネットと新聞が約20%という調査結果が出ています。今後、私たちがフェイクニュースや不正確な情報に惑わされないようにするためには、メディアが発信する情報を読み解く能力「メディアリテラシー」を高めることが大切です、ということを教えて頂きました。


 次回、5月度の授業は、5月12日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は関雅樹先生(元JR東海専務取締役 新幹線鉄道事業本部長)をお招きします。関先生の講義タイトルは、「新幹線鉄道における地震対策」です。

2019年3月14日木曜日

小田原寺子屋スクール 第十期生徒募集のお知らせ

 みなさんは、どんな夢や希望を持っていますか。将来、どんな人になりたいですか。あなたの夢や希望をかなえるために、学校や学習塾の授業、スポーツクラブでは学ぶことができない大切なことがあります。小田原寺子屋スクールでは、様々な世界で活躍されている先生方からその大切なこととは?について教えていただきます。また、先生方がみなさんと同じ年の頃にどんなことを考え、なぜその道に進もうと思ったのか、どんなことを実行されてきたのかなど、貴重なお話を聴くことができます。
 これまでに、新聞記者、オリンピックの金メダリスト、宇宙の超新星を研究する博士、作家、女優、アナウンサー、画家、実業家、・・・と、多くの先生方に授業をしていただいています。みなさんも月に一度、小田原寺子屋スクールで一緒に学びませんか。
◆受講料:無料

お申込みは、氏名(フリガナ)、学年、住所、保護者氏名、連絡先(電話番号)を記載の上、下記メールアドレスへお送りください。
info@terakoya-odawara.com
問い合わせ先 070-3525-1058 寺子屋スクール事務局(川口)

2019年3月13日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成31年3月度の授業

平成31年3月10日(日)に3月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、中国の古典『論語』について学びました。『論語』は、孔子とその弟子たちや当時の各国の権力者らとの対話や、孔子の振る舞いなどを伝えたもので、人間の最高の道徳は「仁」であると主張します。「仁」とは「思いやり」「慈しみ」です。『論語』が日本に伝わったのは、仏教よりも早く、513年頃といわれています。
 佐賀県多久市には、孔子をまつる「多久聖廟(たくせいびょう)」という孔子廟があります。「多久のスズメは論語をさえずる」といわれる程、論語教育が盛んで、「論語カルタ」という『論語』の中の100の教えを集めたカルタがあるそうです。
 今回、授業で学んだ3つの言葉とその意味を紹介します。

◆「己の欲せざるところは、人に施すこと勿(なか)れ。」は、自分が人からされたくないことは、自分も人にしてはいけない、という意味です。
◆「学びて思わざれば則ち罔(くら)く、思いて学ばざれば則ち殆(あやう)し。」は、知識がいくらあっても、その知識をヒントにして自分で深くものごとを考え、その考えを発展させなければ意味がない、ということです。
◆「過ぎたるは猶及ばざるがごとし。」は、ものごとには適当な度合というものがあり、過不足のない、ちょうどいいことこそ大切です、という意味です。

この中でも、特に「己の欲せざるところは、人に施すこと勿れ。」が大切です、と栗田先生はおっしゃっています。

【第二時限】厚地純夫先生(JR東海専務執行役員)

 厚地先生は、JR東海のきっぷの販売システム開発の第一人者です。授業では「きっぷ」の役割と、それが今後どのように変わっていくのか、について解説して頂きました。
 きっぷには、列車に乗る日、乗る駅と降りる駅、運賃、鉄道会社(路線)の4つが記されています。きっぷは、ここに書かれている通りにお客様をお運びします、という約束を表しています。東海道新幹線では「のぞみ」だけでも1時間に最大10本も走っていますが、紙のきっぷでは、買う時も乗る列車を変更するために切符を交換する時も、駅の窓口に並ばなくてはなりません。そこで、自由に列車を予約・変更でき、かならず座って行くことができるように、スマホ予約とICカードによるチケットレス(きっぷがいらない)のシステムが開発されました。2019年2月時点、このサービスの利用件数は1日当たり約20万件とのことです。今後はICカードを持っていない海外のお客様のために、QRコードの導入が検討されています。
 2027年に開業予定のリニア中央新幹線は、まずは品川~名古屋で運行が開始されます。名古屋でリニアと新幹線を乗り換えることになりますが、スマホ予約とチケットレスのサービスなら、次に乗る列車を車内で変更することもできます。
 厚地先生のメッセージは「なんで?なんだろう?を大切に」です。きっぷをなくすサービスをつくるには、きっぷのことを、「なんでこうなっているのかな」とたくさん考え、完全に知ることが必要です。ふだん出会ういろいろなことに対しても、「なんで」という気持ちをもって接してください、とおっしゃっていました。


 次回から第十期が始まります。4月度の授業は、4月14日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は鈴木款先生(フジテレビ解説委員)をお招きします。鈴木先生の講義タイトルは「ネット時代のテレビの役割」です。

2019年2月13日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成31年2月度の授業

平成31年2月10日(日)に2月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、中国の古典『菜根譚(さいこんたん)』から、いくつかの言葉を学びました。『菜根譚』は、今から四百年ほど前に洪自誠(こうじせい)という人が書いた書物で、三百五十七の短い文章から成り立っています。中国ではあまり重要視されませんでしたが、日本では江戸時代から読まれ、とくに明治時代には多くの人に愛読されたそうです。『菜根譚』には、儒教、道教、仏教の思想が合わさってできた、生き方のコツや人生の知恵が詰まっています。以下に、授業で学んだ言葉の中から3つを紹介します。

 ◆心やや怠荒(たいこう)せば、すなわち我より勝れるの人を思え。すなわち精神自ずから奮わん
 ◆事やや払逆(ふつぎゃく)せば、すなわち我に如かざるの人を思え。すなわち怨尤(えんゆう)自ずから消えん 

 一つ目は「怠け心が生まれたときは、自分よりすぐれた人のことを考えなさい。そうすれば、またやる気が湧いてくるよ。」、二つ目は「ものごとが思いどおりにならないときは、自分より条件の悪い人のことを考えなさい。そうすれば、しぜんに不満が消えるだろう。」という意味です。

 ◆冷より熱を視て、しかる後に熱処(ねつしょ)の益なきを知る

 この言葉は「冷静な状態になってから、熱狂していたときのことを振り返ってみると、熱に浮かされて動き回っていたことの空しさがわかってくるものです。」という意味で、頭に血がのぼっている時などに立場を変えてみることを説いています。このように『菜根譚』は、私たちに心のバランスをとることの大切さを教えているのです。

【第二時限】萩原一夫先生(経営支援NPOクラブ理事、元三井物産キャピタル社長)

 萩原先生は、大学4年生の時にドイツに関心を持たれ、三井物産に入社後、約7年半ドイツに勤務されました。授業では「ドイツの戦後リーダーとドイツ現代史」と題して、歴代の首相とその時代について詳しく解説して頂きました。
 1945年にヒトラーがベルリンの地下壕で自殺します。ドイツおよびベルリンは4つに分割され、米、ソ、英、仏によって占領されます。1948年、首都ベルリンの支配を巡って、ソ連が米国を中心とする西側連合国と対立しベルリンを封鎖します。西側はドイツ人によって起草された憲法をもって、1949年にボンを首都とする西ドイツを成立させました。こうしてドイツは東西に分断され、冷戦時代は1989年のベルリンの壁崩壊、1990年のドイツ統一までの40年間続きます。
 ドイツでは、戦後8人の首相が誕生します。初代アデナウアーは73歳で首相に就任、1963年に仏との間で結んだ独仏友好協力条約は今日のEUへと発展しました。授業では、1990年のドイツ統一時代に首相を務めた6人目のコール、その後ドイツの財政の黒字化に貢献した7人目のシュレーダー、物理学者でもあり脱原発を打ち出した8人目のメルケルについて解説して頂きました。その中でも、萩原先生が最も尊敬されている人物が4人目のブラントです。ブラントは、若い頃から反ナチス運動に奔走し19歳の時にノルウェーに亡命、その後もナチスに追われますが、1945年にドイツが敗戦すると母国に戻り、西ベルリン市長を経て4人目の首相に就任します。これまでの東との対立姿勢を180°転換し、ソ連のブレジネフ書記長とモスクワ条約を締結、紛争をなくし平和を約束します。ユダヤ人への謝罪、東西ドイツ首相会談の実現など、数々の功績が認められ、1971年にノーベル平和賞を受賞、「ブラントなくしてゴルバチョフなし」と言われています。
 授業の最後に、生徒へのメッセージとして、元ドイツ大統領のヴァイツゼッカーの言葉を紹介して頂きました。「過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となる。若い人たちに過去の歴史の過ちの責任はない。だが、その過ちがなぜ生じたのかを知る必要がある。」


 次回、3月度の授業は、3月10日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は厚地純夫先生(JR東海専務執行役員)をお招きします。厚地先生の講義タイトルは、「きっぷの話 新幹線からリニアへ」です。


2019年1月16日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成31年1月度の授業

平成31年1月13日(日)に1月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、「漢字大国」と呼ばれる台湾の漢字について学びました。中国の漢字は、簡略化された「簡体字」(かんたいじ)で、日本人が見慣れた漢字と異なりますが、台湾では「繁体字」(はんたいじ)と呼ぶ、日本の漢字とほぼ同じ文字を使っています。略字はなく、たとえば「学校」の「学」は、台湾では「學」です。
 授業では、栗田先生が台湾一周旅行で撮影された写真を用いて、台湾の漢字を解説して頂きました。「車站」(しゃたん)は「鉄道の駅」、「旅游服務中心」(りょゆうふくむちゅうしん)は「観光案内所」です。「中心」は文字通り「センター」の意味です。「月台」(げつだい)は「駅のホーム」で、日本語では「歩廊」になります。「行李」(こうり)は、昔の日本では衣類などを入れて保存する、柳の枝や竹などで編んだ箱のことですが、もともとは「旅の荷物」や「手荷物」という意味です。「小心」(しょうしん)は「気をつけましょう」、「當心」(とうしん)は「危険、注意!」という意味で「小心」の場合よりも、もっと重大な場合に使われます。
 台湾は日清戦争後の50年間、日本の植民地であったことや、台湾には富士山よりも高い、標高3952mの玉山(ぎょくざん)という山があり、植民地時代に明治天皇がこの山を新高山(にいたかやま)と名付けたことなど、歴史についても教えて頂きました。

【第二時限】吉川伸治先生(神奈川県内広域水道企業長、前神奈川県副知事)

 吉川先生は、神奈川県、横浜市、川崎市、横須賀市で設立した特別地方公共団体、県内広域水道企業団で企業長を務められています。授業では、水道の歴史、世界の中の日本、日本の中の神奈川の水道、水道の課題について教えて頂きました。
 世界で初めて建設された水道は、今から2300年前、水不足を解消するために作られた古代ローマの水道橋です。水道はコンクリート製で水質まで管理されていたそうです。日本の水道の発祥は500年程前、小田原城下の「小田原早川上水」です。徳川家康は、小田原用水をお手本にして江戸に水道を引きました。近代水道は明治20年の横浜に始まり、函館、長崎と港湾都市から整備されていきました。水道水を安全に飲める国は世界に15ケ国あり、日本はその中の1つです。日本の水道水は70以上の水質基準項目で厳しく管理され、世界最高の安全水準にあります。
 神奈川県には4つのダムと、相模川と酒匂川の2つの河川があり、平成13年に宮ケ瀬ダムが稼働して以来、取水制限なく安定取水が実現できています。また、神奈川の水はよごれやにごりが少なく、東京都の「高度浄水法」とは異なる「ろ過法」によって作られています。水道の課題は、地震や大雨等の自然災害から水道施設を守ること、人口減少・給水量低下に伴う収入減と水道料金問題、水道事業に携わる技術者の確保などです。企業団では、酒匂川と相模川をつなぎ、どちらでも水を流せるようにする防災対策を進められています。最後に、水循環の仕組みと水源環境保全、山や森林の整備の大切さについて教えて頂きました。


 次回、2月度の授業は、2月10日(日)を予定しています。第一時限は栗田先生、第二時限は萩原一夫先生(認定NPO経営支援NPOクラブ理事・元物産キャピタル社長 ドイツ三井物産経理・財務担当)をお招きします。萩原先生の講義タイトルは、「ドイツの戦後リーダーとドイツ現代史」です。

2018年12月19日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年12月度の授業

平成30年12月16日(日)に12月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、はじめに『論語』の文章で「故きを温(たず)ねて新しきを知る 以て師と為るべし」を学びました。意味は、「昔のものごとをよく調べ、研究して、そこから現代に応用できる新しい知識や考え方を見つけ出す。そうした姿勢が大切で、そういう姿勢でなければほかの人を教える先生にはなれない。」です。「論語読みの論語知らず」は、立派な本を読んでも、頭で分かったつもりになっているだけで、それを実行できない人のことを言います。栗田先生は、本を読んで、自分で考えることの大切さを説かれています。
 授業後半では、ことわざや言葉を5つ学びました。「木を見て森を見ず」は、中国の古典にある言葉のようですが、実は英語のことわざがモトになっています。細かい点だけに注意して、大きく全体をつかまない、という意味です。中国には「鹿を逐う(おう)者は山を見ず」という言葉があり、利益を得ようと熱中する人は、ほかのことが目に入らない、という意味です。「一石二鳥」は、明治時代に作られた四字熟語で、欧米のことわざがモトになっています。中国にも同じような意味の言葉で、日本でも、よく使われている「一挙両得」があります。また、一石二鳥や一挙両得とは反対の意味で「二兎を逐う者は一兎も得ず」がありますが、これはローマ時代のことわざがモトになっています。このように、ことわざや言葉の出所についても教えて頂きました。

【第二時限】岡本彰夫先生(奈良県立大学客員教授、元春日大社権宮司)

 岡本先生は、かつて春日大社権宮司を務められ、現在は奈良県立大学客員教授、東京で人材育成の塾長としてご活躍中です。授業では、今から200年程前の江戸時代に、多摩地方で本当に起きた不思議な事件について解説して頂きました。多摩郡窪村にいた藤蔵という男の子が、文化7年、6歳の時に疱瘡で亡くなります。それから5年後の文化12年、多摩郡中野村に勝五郎という男の子が生まれます。勝五郎は、8歳の時、自分の前世は窪村の藤蔵だと姉のふさに話します。また、自分が生まれる前に家の中の様子を見ていて、母が働きに出る話を知っているなど、勝五郎の生まれ変わりの話は評判になり、中野村の領主だった多門傳八郎は勝五郎を呼んで話を聞きます。その話が平田篤胤の『勝五郎再生記聞』という書物に記されています。
 また、兵庫県の豊岡に、一度亡くなったお夏という女性が息を吹き返す『お夏蘇生物語』というお話があります。お夏は、母親が翌年、自分は4年後に亡くなることを言い当てます。お夏は、生まれ変わる前に極楽浄土を見てきたと言います。
 このように、世の中は目に見えることがすべてではなく、神様やご先祖様は人が見ていないところを見ておられるということです。人の命ほど大切なものはなく、自殺は絶対にしてはならない。「上へ上へと伸びるより、奥へ奥へと歩みなさい」とは、地位など上には限度があるが、奥には際限がなく、深みのある人になって豊かな人生を歩んでください、という教えです。


 次回、平成31年1月度の授業は、1月13日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は吉川伸治先生(神奈川県内広域水道企業団企業庁・元神奈川県副知事)をお招きします。吉川先生の講義タイトルは、「飲水思源ー神奈川の水道を考えるー」です。

2018年11月28日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年11月度の授業

平成30年11月11日(日)に11月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、栗田先生がこれまでの授業でも何度か紹介された「歴史上のある時期に違う国では何があったか」という見方について教えて頂きました。
 明治新政府が成立したのは1868年です。その1年前、スウェーデンの化学者ノーベルがダイナマイトを発明しました。アメリカでは1861年~1865年の4年間にわたって南北戦争があり、勝利を収めた北部の側を指導した第16代大統領リンカーンが戦争直後に暗殺されています。明治新政府をつくった西郷隆盛や大久保利通、坂本龍馬は、ノーベルやリンカーンと同じ時代に生きていたということです。
 スウィフトというアイルランド生まれの人が書いた『ガリバー旅行記』には、ガリバーが冒険の途中、1709年5月に船で日本に立ち寄り、エドで皇帝に拝謁したとあります。もちろん架空のお話ですが、その年の5月、6代将軍家宣が将軍の座に就いています。ガリバーが会った皇帝は家宣ということになります。
 フランスのSF作家ジュール・ヴエルヌが書いた物語『80日間世界一周』には、青年フォグが世界一周の途中1872年に横浜に立ち寄ったとあります。新橋と横浜を結ぶ鉄道(陸蒸気)が開通して間もない頃です。物語の上でも、歴史年表を広げると面白い知識に出会えることが分かります。

【第二時限】鬼頭宏先生(静岡県立大学学長)

 鬼頭先生は、静岡県立大学学長を務められ、歴史人口学を研究されています。授業では、日本の人口問題、人口から読む日本の歴史について教えて頂きました。
 現在の日本では、建設や介護など多くの業種での人手不足を背景に、外国人労働者の受入が国会の争点になっています。日本の総人口は2010年をピークに減少し、最新の人口推計では2100年に6千万人になると予想されています。問題となるのは人口構成の偏りです。15~64歳の生産年齢人口の減少と65歳以上の高齢者の増加は2050年頃まで続き、自治体消滅の可能性などが懸念されています。
 人口転換、すなわち出生率と死亡率の低下によってもたらされる少子高齢化社会の課題は「新しい文明システムへの転換」であると先生は仰っています。人口減少は、現代の日本人にとって経験のないことですが、日本の歴史上、初めてのことではありません。過去の人口推移を見ると、縄文社会(縄文時代)、稲作農耕社会(弥生~鎌倉)、経済社会化した農業社会(室町~幕末)には、何れも後半期に人口が減退しており、文明システムの転換が図られています。明治以降の産業社会も、平成になり人口衰退期に入っており、新しい文明システムの構築が求められているのです。


 次回、12月度の授業は、12月16日(日)(第3日曜日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は岡本彰夫先生(奈良県立大学客員教授、元春日大社権宮司)をお招きします。岡本先生の講義タイトルは、「生まれ変わって来た子の話-勝五郎再生紀聞・お夏組成物語-」です。